2008年03月07日

フルートレッスン

今日はフルートのレッスンでした。

それで、今朝は出掛ける前に、気合入れて1時間朝練〜。(笑)
ソノリテやってアルテスの課題曲やって、ついでに曲やって、、。
、、、って、万全のはず。

、、、だったけど、実際にレッスンでは、ソノリテはOKだったけど、アルテスの5課の曲、家ではしっかりと指が動いたのに、レッスンではまったくだめ〜。(汗)

なんでだろう〜?と思うヒマもなく、先生が、「両手の構えと指が硬直してますよー。」って。(おぃ!)
うん、どうも最近、右肩だけ肩こりがひどいのはフルートの構えのせいかも??、、って、たしか去年は少しは改善されたはずなのに、、、いつもまにかまたフォームが悪くなっていたみたいだ。(涙)

気を取り直し、。

改めて、「トレバーワイ一巻」のページで、練習課題の譜例について疑問があったので聞いてみた。
それで、真ん中辺りの4小節づつのフレーズがあって、それが半音づつ上昇する曲と、もう少し後に書いてあるアルペジオのフレーズというか曲。最初のは一応、キーがCなんだけど、不思議なマイナーメロディで吹いていて楽しいけど意味不明〜。
そしたら先生いわく、「単に楽器の響きを重視したメロディで、音を均一に吹くためのエチュードらしい。」
もうひとつのアルペジオのエチュードはなんでキーがE♭なのかと尋ねたところ、それも、「単にやりずらいキーにしているだけ。」(おぃ。)
そういえば、後半、わざとキーがBっていうエチュードもあったな、、。(笑)
つまり、そういうキーでも抵抗無く吹ける実力の人だけが、そのエチュードを吹いて良いという警告??、、、いや〜、クラシックの指導者って厳しいのね。(爆)

と、妙に納得して、やっぱり最初は小難しいのはやらないほうがいいという無難なご指導を受けつつ、本に載っていたオーバートーンを教えてもらった。本にはドとレが譜例で載っていたけど、ドは難しいということで、レを基準音で第一倍音、第二倍音、第三倍音と出して、、、あれ、なぜか第四倍音が出ないー。(汗)、、、なのになのに〜、続けて吹くと第五倍音か第六倍音らしい、すごーい高い倍音がバンバン出てお話にならないー。(さらに汗)
ただ先生曰く、それって気合で出す音じゃないし、倍音の練習は長い時間やらないほうがいいらしい。(って、それ、サックスの先生も入っていたような。笑)

そして最後に少しだけ映画音楽のテーマを吹いて、、、何気に終了。(笑)

、、、ということで、結局、楽器の調子はよかったけど、自分の調子はいまいち〜だった模様で、相変わらずアルテスでは指が動かず、「ドレミ」を交互に吹くのが課題になってしまった。

それにしてもアルテス進まない。
もうすぐレッスン始めて一年経つけど、出来たページはたったの3ページ。今のページもすでに3ヶ月以上やっている。
いくら基礎が大切といっても、目先が変わらないのはちょっと辛くなってきた。やっぱり教本変えようかな〜?アルテスやめようかな〜??と、本気で考えてしまった今日のレッスンだった。

というわけで、悔しいので、家に帰ってから持っていた譜面(バッハの曲)を吹きまくって〜、、って、出来てないけど、憂さ晴らしっ!!(爆)
で、進まないエチュードは諦めて、好きなバッハの曲でも次回までに練習してみようと思った。

posted by キャットてぃる at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。