2008年04月04日

フルートの倍音

今日は、フルートのレッスン日でした。

、、、と、今月でちょうど習い始めて一周年になった。

で、進歩の具合はおいといて、、。(笑)

ちょっとだけレッスンが楽しくなってきた最近、、。

レッスンではかねてより気になっていた倍音(オーバートーン)の練習について、先生に尋ねてみた。、、って、とりあえず家での練習では、基音Cにて、第一倍音から第七倍音までかろうじて出るので、ほんとに出ているのか?気になっていた、、。

それでまず私が吹いてみて、音出して、それからサックスのレッスンで先生がサックスで吹いていた某メロディをフルートで吹いたら、、、先生が驚いていた〜。(爆)
それでフルートだと倍音は簡単に出るのに、サックスだと出ないという話については、フルートの先生も真相はわからないと仰っていたけど、、。ただ、フルートの方が出易いのはたしからしい。

それで次に先生が基音をC、D、E、F、と順で、各倍音を第五倍音まで出すのを教えてくれたので、やってみたら、、、かろうじて出た。
ただ、まだ一発で出にくいのと、探っている感じもあるので、要練習ということで、、。

あとフルートの倍音の練習については、「常に下の倍音が出ていることを意識して、上の倍音を乗せるように出していく。」という話、ちょっとサックスの倍音の理念と違う感じがした。
それからフルートは第3オクターブ目のF♯の音が本来出ずらい音らしいのだけど、オーバートーンで出す練習をしておくと、割と出易くなるらしいと教えてもらった。
それとサックス同様、マッチングも練習では有効らしいので、こちらもやってみようと思った。

それでエチュード教本のアルテスの方は、相変わらず5課と6課をやっていて、どうしてもドレミ辺りで指が硬直して動かなくなってしまう、、。それも先生の前だと吹けないという、、。(これって新手のトラウマ現象?汗)
でもオクターブ跳躍とか、タンギングに関しては、良くなったと褒めてらえたので、ここは諦めず指の動きをスムーズにすることに専念した方がよさそう〜。(というか、両指の連動はサックスより遥かに難しい。)
ここにきて、つくづく思うのは、やっぱり吹くのはサックスの方が難しいと思った。フルートは指は難しいけど、吹くのは慣れれば息は少なくて済むし、倍音も出易い。ただどちらもタンギングはちょっと厄介。、、、って、タンギングがこんなに難しいと知っていれば、たぶん管楽器はやらなかったかもしれない。(おぃ!笑)

ともかくフルートのレッスンも楽しかった〜♪

で、次回、、、にゃーんとっ!!
フルートとサックス(アルト)のレッスンが同じ日。うっ!
ついにこの日が、、。
、、って、なるべく日程が同じ日にならないよう調整していたのだけど、、、仕方ないね。こればっかは、。(笑)

日々ちゃんと練習していれば何の問題もないので、これからも諦めずに毎日しっかりと練習しようと思った。
(という意気込み、レッスン後はいつもだよね〜。笑)
posted by キャットてぃる at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。