2008年07月11日

フルートのゆくえ

最近は、レッスンの前後3日くらいしか、フルートを練習していない。

うーん。

ただ、こんなに練習していないと、さすがに上達は遠い。

もう始めてから一年以上が経過しているのに、未だに「アルテス」に6課とか7課とかやっているんだから、、。
ついでいうなら、もう曲も、一切、レッスンでやってなくて、、、。
なんのためにフルートをやっているんだか、、。(汗)

それで最近、ちょっと結論が出た。

それは、「フルートでもジャズをやろう!」ということ。

でもフルートの先生はクラシック専門だからジャズはだめ。
なので、こうした。

サックスの先生に「ジャズフルートのレッスンもしてもらう。」

これだ。(笑)

ただ、サックスのレッスン毎だとしつこいので、3、4回に一回とか、、。
それでジャズのメソッドをフルートで吹いたものと、セッションで吹きたい曲を吹いて、アドバイスを貰う方法を考えた。

で、フルートの基礎奏法は、今まで通り引き続きクラシックの先生に教えてもらい、ジャズの吹き方を別に習ってみたいと思った。

どうなるかわからないけど、結局、私はジャズを演奏することが自分身とって必要だと感じている。
どんな楽器でもジャズを演奏したい。
そのためになんとか先生を味方に付けなければ、、、。(爆)

ちなみに2週間後のサックスのレッスン日。
ジャズフルートの最初のレッスン日。
、、、ちょっと楽しみかも、、。(笑)
posted by キャットてぃる at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。