2007年01月14日

フルートの選定

私は普段、サックスを習っています。
それで、そこの先生がマルチリード奏者なので、この前のレッスンの時に、ついでにフルートの選定をお願いした。それで、その先生はある楽器店と特に親しいみたいで、すぐに電話、、。さっそくレッスン後に、楽器の選定のために直行することになった。

ちなみに楽器店は、新大久保にあるD店。品揃えと価格のバランスが割りと良い所、、。ただ10万以下の低価格のフルート。意外と売れるみたいで、最初、予定していていたヤ○ハの楽器が少なく、実際に選定できたのは2本のみ。(他に数本あるって話でしたが、実際はもう売れていた。笑)
それなんで、先生もちょっと困り、同価格帯の違うメーカーのものを一本セレクト。それが今回購入したパールでした。
で、お値段は、ヤ○ハが8万1千円、パールが8万6千円くらい、、、差額がざっと5千円くらい。(う〜ん、微妙〜。笑)
実は、(先生は、)パールに、その価格帯の楽器があるのを知らなくて、意外だと仰ってました。

結局、ヤ○ハの211が2本。それとパールの525が一本を、それぞれ試奏〜。(って、先生が。爆)なにしろ、私はまったくのしろうと。というか、まったく音すら出せないので試奏できない。

そして先生は、まずヤ○ハの一本を、軽くはじいて、、、。(笑)
残りの2本をひたすら吹く吹く〜吹く〜!!
そして傍ら、その音色を聴く自分、、。

、、、って、思ったのは、期待していたヤ○ハ、、、すごい音色がしょぼい。(えーーーっ!!)
フルートというよりなんか違う楽器みたいな音色、。(なんで?と思った。)
もちろん先生が吹いているので、一応、フルートの音に聴こえるけど、、、なんか違う。
「ヤ○ハって、音色がパサパサしている。」う〜ん。そうなのか、。

それからパールのほう、、、って、最初の一音でフルートの音色に聴こえた〜。(ビックリっ!笑)
「一応、リップは銀製なんだけど、、。」、、、って、それだけじゃないらしい。
それで、2本をひたすら吹く先生。10分くらい吹いたところで、
「やっぱりパールのほうが良いと思うよ。」とアドバイス。(、、、だろうね。笑)
「どの音もバランス良く出るし、高音も出しやすい。Eメカも付いているし、、。問題は全てクリアしている。」と、力強いお言葉。

ただ、私はまだ迷っていた。
それはパールというブランドをよく知らなかった事と、ヤ○ハを買おう!とすでに心に決めていたので、気持ち的に困惑していた。
それと憧れていたヤ○ハが、意外に音色が良くなかったことも落胆に繋がっていて、気落ちしていた。

「どうするか、自分で決めなさい。」
「でも選定した結果、パールの方がいいと思うけど。」
「それに値段の差もリードのひと箱くらいしかないし、、。」
、、、それが先生のお答えだった。

それからちょっと考えた。
で、「低価格でもちゃんと音が出ないと、(出し易くないと、)練習にならない。」
「やっぱり、なるべくフルートの音色がする楽器が欲しい。」
「ブランドにこだわる理由が、(実は、)根拠がない。」
「差額が数千円だけど、リップが銀製だ。」
「先生のお墨付き、、、。」

、、という理由で、楽器は、結局、パールを買うことにした。

ここ数ヶ月、ヤ○ハを買おう!と計画を立てていた自分にとっては、9回裏の2アウトの後の満塁ホームランくらいの逆転だった。
もちろん、楽器は吹けないながらも触ったりは、、、した。で、なぜかキータッチも軽く、管体も軽く、音色も艶やかだったのはパール。
おかげですっかり気に入ってしまっていた〜。(爆)

ちなみに、その新しい銀色の恋人。名前を付けた。
それは「プリンス」(笑)
サックスは、アルトが「アリス」で、ソプラノが、「アマリリス」ということで女の子。
でも、なぜかフルートは、私にとっては男の子なので、「プリンス」、、、です。

ということで、これから毎日吹きたいと思っている。

これからが楽しみ〜♪
posted by キャットてぃる at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31369229
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。