2007年04月05日

練習のゆくえ

ここんとこ毎日1時間くらいしかフルートを練習できなくて、ほぼ毎回ロングトーンの練習だけだった。

で、でも今日は体調も回復っ!
お天気も良くっ!!
フルートも3時間くらい練習できた。
ちょっと満足。(笑)

で、内容はほどんと低音域のロングトーンだけど、、、さすがに2時間くらい吹いたら飽きてきた〜。、、、というか、こんなに良い音色なら曲とか吹いてもいいでは?と思い、、。それからすぐに中音のロングトーンもしばらくして、音を確かめてから曲を練習した。

、、、が、あーーーっ!!曲っていってもなに?

というか曲の譜面って、普段サックスで練習しているのしかない。(涙)

ほんとはフルートで、「クラシックでやるぞっ!」って、思っていたけど、そのクラシックの教本をまともに購入してないので無い。
いちおうアルテスとロングトーンの教本はあるけど、それ以外にフルート用っていっても、あるのはバロックの曲集だけ。
最初はそれでいいと思っていたけど、意外と難しい〜。
それに、いきなり吹き方も分からずクラシックの曲を吹いても、、。(汗)

で、結局、いつものジャズのスタンダード曲集から、今後セッションで吹けそうな曲を物色っ!(笑)、、が、どれもキーがB♭やE♭でむずかしい、?
仕方なく、それでもメロディが親しみやすい、「サテンドール」と「グリーンスリーブス」と、、、やっぱり「枯葉」を吹いてみた。
、、、と、「サテンドール」は、意外にもアルトよりもソプラノよりもフルートの方が吹きやすかった。(笑)
ちなみに少しアドリヴも吹いてみたけど、、、う〜ん、基本的にはサックスとラインはまったく同じ。だかしかし、、、フルートの方が、幾分、サマになるのはなぜ?(爆)

ただ、一番の問題は、セッションで吹いた場合、音が出るか?ということ。
この間のデビュー戦では、案の定、途中で緊張して音が出ずらくなってしまった。それまでのウォームアップでは音が出ていたので、この辺が今の課題かもしれない。

、、、とはいっても、まだ始めたばっかりで、タンギングもろくに教えてもらっていないのに、曲をばんばん吹いていいだろうか?という不安もある。
もちろん!ロングトーンと倍音の練習は、毎日欠かさずやっている。
でもやっぱり〜、曲も吹きたいという気持ちもあり、そして、まだあまりタンギングしないほうがいいと言われても、タンギングしないで曲は吹けないと思うし、、、こまったにゃ〜。

やっぱり一度でもセッションで吹くと、また吹きたくなるー。
それなんで、これからはロングトーンとメジャースケールを練習した後は、やっぱり曲の練習かな、、それもジャズ。(笑)

ほんとはクラシックのエチュードもやりたいけど、、、う〜ん、悩む悩む、。

posted by キャットてぃる at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37838326
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。