2007年06月15日

フルートのレッスンでした

今日は、午前中、、、フルートのレッスンでした〜。

ほんとは月に2回なんだけど、今月だけ先月の振り替えで3回目、、。

今回もまず最初はソノリテのロングトーンで低音域を吹いて、呼吸をチェック。
う〜ん、どうもここ2、3日、肩こりがひどいと思っていたら、、、構えを意識するあまり、かなり腕が力んでいた模様、、。(汗)
それなんで、「体全体をリラックスして下さいーーーーっ!!」と、先生に椅子に座らされたり、とにかく自然な態勢で吹きなさいとアドバイスを頂いた。でも、、、つい身構えちゃうのよね〜。すごいカッコ付けて吹いちゃうっ!!(笑)

それからアルテス1課のテーマを吹いた。
少し呼吸が安定してきたみたいで、OKを貰い、次にVar.1でタンギングを入れて吹いて、、、それもどうにかよかったみたい。
で、次のVar.2なんだけど、、、いきなり吹いてといわれても、、、何にも無しで吹くのがつらい。メトロノームとか下のパートとか(リズムの基盤になるガイドが、)あると楽勝なんだけど、何にも無いと2拍目だけキープできない。う〜ん、ここでリズム感の取り方の甘さを指摘されてしまい、、、内心こまった。
でも良く考えたら、クラシックの曲だけだと独奏も多いし、たったひとりでも、譜割りを明確にして吹けないとだめなんだと改めて思った。

そして最後に曲。
やっぱりどうしてもあの曲が忘れられなくて、家で練習して持っていった。それで、曲はあの有名なバッハの「G線上のアリア」(なぜかキーがEなんだけど、、。笑)
、、、で、最初の12小節を吹いた〜。

「おーーーーっ!」ぼろぼろ〜。この上なく、、。(滝汗)

し、仕方ないか、、、って、先生もコメントに困ったみたいだったので、早々に切り上げ、、、
「また練習してきます。」とコメントしてレッスンは終った。(笑)

それから家に帰り、またフルートを吹いてみた。
レッスンでリラックスした吹く姿勢とか意識したせいか、割と楽にロングトーンが出来るようになってきた。
それと、呼吸が楽になったら指も動くようになってきて、これからはもう少しスケール練習も取り入れてみようと思った。
そして、、、これから練習する曲なんだけど、

「うーん、J.S.バッハが吹きたいっ!!!」、、、という欲望が、。(爆)

フルートといえば、フルートソナタだよね?(笑)
うん、難しいに決まっているけど、でも吹きたい。
そんな夢がまた増えた今回のレッスンでした。
なにしろフルートの基礎の吹き方とかちゃんと師事してもらえれば、こんな自分でも吹けるようになると、期待できるものがそこにあった。
、、、とはいってもまだ始めたばかり。
これが初心なのか??(爆)
で、サックス同様、好きな曲が練習へのモチベーションアップに繋がればいいなと思った。

ということで、今月のレッスンは終わり。
来月はいよいよサックスのレッスンもあるし、フルート同様にモチベーションを上げてがんがん練習したいーーーっ!!

頑張るぞーーっ!!お〜。(笑)

posted by キャットてぃる at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44917594
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。