2007年08月31日

8ヶ月が経ちました。

今年の1月に購入したフルート。

あっという間に3ヶ月、6ヶ月が過ぎて、、、気がつれば、もう8ヶ月!近ーく、経っていました〜。(笑)

最初は、とにかく吹きたくて毎日吹いていたけど、だんだん上達しないことに気付き、、。

最近は、ジャズがやりたいのクラシックはどうしたの?、、、と、勝手にひとりで騒いでいたのだけど、、。(汗)

今日は、久しぶりに初心に返り、「ソノリテ」を2オクターブやって、それからバッハの「G線上のアリア」を吹いた。

そして、ひとこと。

「やっぱ、クラシックかなぁ。」(おぃ!)

もちろんジャズの曲を吹くのは楽しいけど、この間のレッスンでは知らないジャズの曲に先生は困惑気味だったし、。
でも複線は引いておいた。(笑)
なぜならレッスンの最後に、先生に、「次回は、またバッハのアリアを練習してきますー。」と言っておいたから。(笑)

どうやら私にとってフルートって、特別向いている楽器じゃなくて残念だったけど、でも始めた以上、吹けるようになりたいし、何よりも吹くのが楽しいのは変わらない。
だから8ヶ月もなって、ようやく最低音からのCメジャーの音が安定して出るようなったけど、それだけでうれしかったりする。
それにレッスンで、熱心にタンギングを教えてもらっているおかげで、音もすぐに出るようになったし、指の動きも少しスムーズになった。
やっと普通に曲のメロディを吹く体制が整ったわけで、これではじめて初級の始まりかな?と思った。(笑)

で、どうせバッハの「アリア」を吹くんなら、今やっているふたつ(EメジャーとCメジャー)だけでは物足りなくなって、他のキーでも吹きたくて、PCのソフトを使って譜面を作成した。(一応、12キーで作ってみた。笑)
あとは吹くだけだけど、これでしばらくフルートのレッスンでも「アリア」だけで、当分、遊べそうなんでちょっと楽しいかも?(爆)

もちろんジャズもフルートで吹きたいけど、やっぱりクラシックも捨て難い。
、、、と、思いつつ、、、レッスンではやはり先生がクラシック専門なんで、この辺、やんわり攻めたい。
どうせなら、一冊、レッスン用のクラシックの教則本を新しく買って、それだけをやるものいいかな?と思った。

、、、ということで、今日はフルートで、「G線上のアリア」を吹いて楽しんだ。
やっぱり下手でも、自分で吹くと味わいがあるなぁ〜♪と思った。
posted by キャットてぃる at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。