2007年12月22日

今年最後のレッスン

最悪の体調のまま、、、昨日はレッスンに行きました。(汗)

でもレッスン会場が家から近く、30分と時間も短いので、なんとかなるかと、、。

、、、で、なんとかなりませんでした。(涙)

やっぱり具合が悪いと口と呼吸がキープできないのか?
今まで簡単に音が出せたのに、それすらあやうい。
ソノリテやっても音が汚い。
エチュードや曲を吹いても音が当たらない。
つくづく調子が悪い感じが音に出ていた。

まいった。

それでも最後にやったリュリ作曲のメヌエット。
ろく吹けないけど、、、吹いていて感動した。

「うん、なんて綺麗なメロディの曲なんだろうー!」(笑)

なぜか吹いていると「踊る王様ルイ14世」の姿が浮かぶ〜。
、、、と、思ったら、なんと!その曲はまさにそのルイ14世時代の曲だった。(爆)
10年くらい前にレンタルで観たビデオで「王は踊る」という映画があったけど、まさにソレだった。
作曲者のリュリさん、ルイ14世のお抱えの宮廷音楽家。
そしてフランスバロック音楽の創始者。
これもなにかの縁だな?(笑)

、、、ということで、私のフルートの将来は決まりました。

「バロック音楽」です。
posted by キャットてぃる at 11:51| Comment(0) | TrackBack(1) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: バロック音楽バロック音楽(-おんがく)は、17世紀初頭から18世紀中頃までの、ジョージ・フレデリック・ヘンデル|ヘンデル、ヨハン・セバスティアン・バッハ、クープラン、アントニオ・ヴィヴァルディに代表さ..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2008-02-16 07:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。