2008年01月18日

今年初レッスン!

今日は今年最初のフルートのレッスンでした。

、、、って実は、去年末(つまり3週間前)もレッスンはあったにはあったんだけど、、、あまり体調不良まっしくらー!だったため、行ってもほとんどろくに吹けず、、、に、ほとんど無駄足だった〜。(涙)

で、でも今日は違います!
体調も万全だし、、、ただ、あまり日々練習していないので、上達具合は微々たるもの、、。(笑)

よく考えたらもうフルートを買って始めてから、ちょうど一年が経った。
最初の3ヶ月間は楽器を選定してくれたサックスの先生に基礎の師事を仰ぎ、4ヵ月後から今のクラシックのフルートに先生に付いて、個人で月に2回レッスンを受けている。

でもそのフルートの先生も、習い始めの3ヶ月くらいは、ロングトーンばかりでタンギングも教えてくれなくて焦ったけど、でもその後はタンギングを教えてもらってからも、なぜかタンギングは凄い下手。さらに普通にドレミで指を動かすのが至難の業だと知るまで、、、結局、フルートを始めて一年掛かった〜。(笑)

今日のレッスンではアルテスの5課をやって、だいぶ運指が安定したとお褒めの言葉をもらい、ちょっと満足。
それから曲では、バロック時代のリュリ作曲の「王様の踊り」という曲をピアノ伴奏で吹いて、奏法アドバイスとしてトリルを習った。

フルートのレッスンではバロック時代の曲をやっているけど、どんな小品でもかならずトリルが出てくる。それで先生の説明だと、昔のバロック時代のトリルは必ず上の音から音を始めるらしい。たったそれだけでも雰囲気が変わるのって、ちょっと面白いと思った。
それで初めてトリルキーをいじって、ちょっと感動〜。(実は私、トリル大好き!、、、でもサックスでやると下品になるのよね〜。爆)

やっぱりレッスンに行くとモチベーションが上がる!
普段は2、30分しか吹かないのに、レッスンが終わった後はその余韻で、家に帰ってからも1時間以上も吹いてしまった〜。(って、トリルを?笑)

やっぱりフルートって楽しい。
posted by キャットてぃる at 13:52| Comment(0) | TrackBack(1) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79260349
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[ピアノスタイル] あきない!ハノン ジャズ
Excerpt: ハノンをジャズ・ポップスを弾くためにリズムやアクセントの付け方について変化を加えた(編曲とでもいうのでしょうか)練習曲集です。クラシックではあまり明示的には学べないコード進行の感覚を養うようにも書かれ..
Weblog: クラシックの1日
Tracked: 2008-01-22 18:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。