2008年03月25日

フルートのレッスン

先週の金曜日は、フルートのレッスンでした。

ところが、、、なんとフルートを吹くのが10日ぶり〜。

さすがに前日、まずいなー。もうやめようかなー?
でもせっかくお金払っているし、、、やめたらもう吹かなくなるかなー??
、、、な〜んて考えならがも、当日の朝、少し吹いてからレッスンへ。

そしたら、、、

あれ、いきなりソノリテやったのに、音がすごい出るじゃん!
おまけに呼吸が安定しているって、先生に褒められるし、、。

なんで??、、、と、思ったけど、どうやら呼吸の方は、毎日やっているアルトでのロングトーンの成果みたいで、、。
それがフルートでもなんとか応用できるようになってきたみたい。

ただ10日も吹いていないと、手のフォームが記憶喪失?
、、、というか、まだ力みが取れてなくて悪戦苦闘〜。
それでも呼吸でなんとか音を出るので、アルテスのエチュードも吹きやすかった。

やっぱりレッスンって、ブランクが空いた時に役に立つと思った。
おかげで練習は最初に戻ったけど、どれが正しいか、どれが間違っているか判断してもらえるので、変な癖が付きづらいと本当に思った。

それからレッスン後に、また家で復習〜。
やっぱりなんだか音の出が良い。
それなので、ついでに倍音(オーバートーン)の練習をした。
アルトでも最近は毎日やっているけど、相変わらず的中率は低く、第三倍音まではなんとか出るけど、第四倍音なんてちょっぴりしか出ない。
なのに、、、。

なぜかフルートだとオーバートーン(ハーモニックスともいうのね、)が楽にバンバン出るのでしばらくやっていた〜。
最低音のCで教本見ながら吹いたけど、なんと第七倍音まで出るー。
それがDでもEでも出る。(なんでだろう?)
やっぱ、フルートの方が単に倍音が出し易いだけなんだろうけど、、、。(って、オクターブ上はすでに倍音だし。笑)
でもどうせなら、これがアルトで出せたらどんなにいいだろう〜?と素直に思った。
でもアルトだと第四倍音より上はまったく出ないし、、。

それでフルートでついでに3オクターブ目のCメジャーも練習〜。
やっぱり倍音が楽に出ると、一番高いシやドが楽に出る。
ほんとはその上のオクターブもあるらしいけど、、。

ともかくフルート、なんとか継続の兆し、、。
細々とこれからも練習したいと思った。
posted by キャットてぃる at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。